シミの消し方マニュアル

シミが出来る原因であるメラニン色素はこうして増える!

年代は違えど共通する悩みのシミ

 

初めてシミに気付いた時は1ミリ程度の小さなものだったのに、気付けば1センチもの大きさになっていた。20代の時にはシミが出てもほったらかしでも消えていたのに、30代を過ぎると消えるどころが大きく濃くなっていくばかり。

 

このように、シミは人によって出方も違えば、シミが気になり始める年代も違います。また、シミには色々な種類があり、それぞれで有効な対処法も異なります。

 

シミがなぜ出来てしまうのか、どんなタイプのシミがあるのか、また、どうすればシミが消せて、シミを予防するにはどんなことをすれば良いのかを、できるだけ若いうちから把握しておくことがシミ対策する上では欠かせません。

 

 

シミは出来る場所や形状で種類が違う

 

シミと言われる中で一番多いものが老人性色素斑で、頬っぺたに1p程度の薄茶色の丸い形のシミができます。30歳を過ぎたあたりからシミが出てくる人が増えてきて、40歳・50歳と歳を取るにつれて、シミの数が増えたり色が徐々に濃くサイズも大きくなっていきます。

 

老人性色素斑が進行すると、シミの色が濃い茶色〜黒色に変化し、シミがボツボツとイボ状に膨れます。このタイプのシミを脂漏性角化症と言います。高齢者の方に多いタイプのシミで、老人性イボとも呼ばれています。

 

頬に出来るシミには老人性色素斑の他に、左右対称に茶色や灰色のボヤンとシミ広がる肝斑があります。肝斑は女性ホルモンのバランスと深い関係があり、妊娠期やピル服用期、更年期の女性に多く見られます。

 

顎のラインにそってニキビが出来た場所が茶色くなったり、手足の傷があった場所が茶色い痕として残るシミを炎症性色素沈着と言います。

 

このように、シミと一言で言っても、シミができる年代も違えば、色・形・場所も様々です。

 

しかし、共通して言えることは、シミは肌の一部にメラニン色素が増えて沈着して出来るということ。ということは、メラニン色素を増やさないようにすればシミは予防できるのですが、なぜメラニン色素が増えてしまうのかを正しく理解して、正しい対策を取る必要があります。

 

 

シミの原因「メラニン色素」が出来るメカニズム

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つで構成されており、シミは表皮の一番奥の部分、真皮との境目となる基底層で作られます。

 

基底層は、血管から酸素や栄養を受け取り新しい細胞を作る場所で、基底層で新しく作られた細胞は、一般的には約28日間かけて角化して角質細胞となり、最終的には垢になって剥がれ落ちていきます。

 

この細胞の生まれ変わりをターンオーバーと言いますが、ターンオーバーという機能が生きているから、仮に表皮に傷が付いても痕に残らずに済みます。

 

しかし、紫外線や摩擦などの外的刺激が表皮を通り越して真皮にまで到達した場合、真皮ではターンオーバーが行われない為、真皮で受けた傷痕が新しい細胞に生まれ変わることなく残ってしまいます。

 

そうならない為に、表皮と真皮の境目にあるメラノサイトでは、紫外線などの外的刺激が、真皮を傷つけてしまわないために、メラニン色素をたくさん誕生させて、黒い膜となって真皮を守っています。

 

このようにメラニン色素は外的刺激の害から守る為に必要不可欠なものなのですが、歳を取るにつれて、基底層の元気がなくなっていき、肌を紫外線の害から守るためのメラニン色素が表皮と真皮の境でしっかり防波堤の役目を果たせなくなり、真皮の方へ落ちて込んでいきます。

 

そうなると真皮ではターンオーバーが行われないので、いつまでもシミとして残ったり、シミが真皮まで沈まなくても、加齢でターンオーバーの間隔がどんどん空いていくので、皮膚の細胞の生まれ変わりも遅くなり、メラニンが蓄積してシミとなるのです。

 

 

シミの原因「メラニン色素」が作られる様々な刺激について

 

皮膚を傷つける刺激から真皮を守るために、基底層でメラニン色素が作られることがシミの原因ということが分かりましたが、皮膚を傷つける刺激は色々あります。

 

紫外線の刺激

 

メラニン色素が増える最大の原因は、やはり紫外線です。紫外線と言っても、ここ最近浴びた紫外線のせいでシミが出来てしまうのではなく、生まれてからずっと浴びてきた紫外線の積み重ねが原因です。

 

皮膚には浴びた紫外線を貯める貯金箱みたいなものがあり、アウトドアのように1日で一気に日に焼けた時の紫外線だけが貯まっていくいくのではなく、「洗濯物を干すのに少しだけベランダに出た」「すぐそこのコンビニまで買い物に出た」というような、本当にちょっとの時間だから別にいいよね?と、紫外線対策をせずに浴びたわずかな紫外線でも、貯金箱にどんどん貯まっていきます。

 

そして、その貯金箱がいっぱいになった時に、一気にあふれるようにシミになって肌に現れるのです。

 

活性酸素の刺激

 

活性酸素はメラニン色素と同じで、本来はウイルスなどから体を守るために働いてくれる必要不可欠なものですが、活性酸素が必要以上に作られてしまうと、侵入したウイルスを攻撃するだけでなく、正常な細胞まで攻撃をするようになります。

 

細胞が傷つけられると、メラノサイトにメラニン色素を大量に作るようにと間違った指令を出すようになり、紫外線を浴びていなくてもメラニン色素が生成されることになります。

 

活性酸素は日頃の悪習慣で増えていきます。

 

  • 毎日ストレスを抱えている
  • 睡眠不足が慢性化している
  • タバコを吸っている
  • 毎日のようにお酒を飲んでいる
  • PM2.5のような大気汚染物質を浴びている
  • 料理はせずインスタントものが多い
  • スーパーの揚げ物など総菜をよく食べる
  • UV対策をせずに紫外線を浴びている

 

タバコは吸わない、お酒も飲まないという人でも、ストレスが全くない人はいません。私たちは生きているだけで活性酸素が過剰に作られやすい環境に身を置いているのです。

 

摩擦の刺激

 

日頃の悪習慣と言えば、毎日のスキンケアのやり方が違うとシミの原因となります。

 

粉おしろいしか使っていないようなナチュラルメイクならクレンジングを使わなくても洗顔で十分落とせますが、それ以外の場合は化粧品の油分を落とすためにもクレンジングと洗顔のW洗顔は必須です。

 

しかし、最近は面倒なW洗顔をしなくても、マスカラまでキッチリ落とせる拭き取りタイプのクレンジングシートがあります。忙しい時、ササッと化粧を落としたい時にとても便利なクレンジングシートですが、拭き取る時にどうしても皮膚との摩擦が生じます。

 

本当に面倒で忙しい時だけ拭き取りシートで、あとはきちんと泡洗顔していればよいのですが、手軽だからと毎日拭き取りシートでメイクを落としていると、毎日摩擦の刺激を受け続け、皮膚で小さな炎症が毎日起きることになります。

 

炎症が生じると、炎症の害から守るためにメラニン色素がたくさん作られますが、余ってしまったメラニンはどんどん蓄積していき、ゆくゆくはシミとなって現れることになります。

 

肌に摩擦が生じるのはメイク落としの時だけではありません。

 

  • 虫さされで掻き毟った痕がしばらく茶色く残った
  • 足のすねの毛をカミソリで剃っていたら、うっすら茶色くくすんできた
  • 毛抜きで脇の処理をしていたら、脇が黒ずんできた

 

蚊に刺されてかいた痕がひと夏の間茶色く残ったというような経験は誰しもあるかと思います。このように、メイク落としの摩擦以外でも、皮膚と摩擦が生じることであれば、それはシミの原因となりうるのです。

 

 

C炎症の刺激

 

炎症は摩擦が起こることで起きますが、その他の理由でも肌が炎症を起こすことがあります。それが、火傷やアトピー性皮膚炎などのような皮膚疾患です。

 

日常生活の中で、「料理中に油がはねた」というような小さな火傷をする事がありますよね。すぐ冷やしたけれど、少し茶色く痕が残ってしまったが、気付いたら消えていた。

 

これも熱い油が皮膚に飛びつくことで皮膚が炎症を起こし、その炎症を沈めようとメラニン色素が作られます。小さな火傷であれば、ターンオーバー機能によってやがて新しい皮膚と入れ替わりますが、真皮に届くような火傷になってしまうと、残りやすいシミとなることもあります。

 

また、アレルギーが原因で肌トラブルが生じるアトピー性皮膚炎は、常に皮膚で炎症が起きている状態で、かゆくて皮膚を掻き壊す機会も多く、アトピー症状が出ている部分が全体的に黒ずんでしまいます。

 

 

これだけは押さえておきたいシミ対策

 

シミを作らないためには、ターンオーバー機能が衰えないように、肌老化を防ぐことと、メラニン色素を過剰に作り出さないような環境作りが必要です。

 

日にさらされる時間がほんの少しであっても、紫外線貯金を溜め込まないためにも、毎日最低限のUV対策をするようにしましょう。

 

特に外で何かをするという予定がなく、普段の日常生活レベルでしか日光に当たらない場合には、SPF20程度、PA++程度の日焼け止めをきとんと塗るようにしましょう。アウトドアで日焼けすると分かっている場合には、SPF20以上でPA+++の日焼け止めを塗りましょう。

 

それと並行して、肌老化を促進させないためにも、毎日のスキンケアは欠かさず行いましょう。朝の洗顔後、夜の入浴後にしっかりと肌に水分を与えておかなければ、角質層の間の水分がどんどん失われていき、肌のハリツヤがなくなり、肌表面はバサバサの乾燥肌に。

 

すると肌のバリア機能が失われ、紫外線などの刺激をダイレクトに受けやすくなり、挙句ターンオーバー機能も低下しているので、肌を元気に戻す力も弱くなってしまいます。確実にシミに近づいて行ってしまいます。

 

まずは、毎日のスキンケア&UV対策を欠かさず行うこと。そして、悪い生活習慣があればそれを見直すこと。

 

シミ対策は早ければ早いに越したことはありませんので、数年後にシミで悩まずに済むように、しっかりとケアをしていきましょう。