シミの消し方マニュアル

シミ対策を化粧品でする時の選び方

一度出来てしまうと、消そうと思ってもなかなかやっかいなシミ。でも、なかなか消えないからと放置してしまっては、そのシミはどんどん大きく育っていき、挙句は新しいシミを増やしてしまうことに・・・。シミは小さいうちに対処した方が消しやすく、正しいスキンケアを身に付けていればシミができる機会を減らすことができます。

 

 

ターンオーバーの乱れはシミの元

 

 

美容においてターンオーバーという言葉はよく聞きます。これは、表皮が新しく生まれ変わることを意味しています。健康な肌の場合、表皮細胞が基底層の部分で新しく誕生し、それが約28日間かけて角化して角質細胞となり、最後は垢として外に剥がれ落ちてきます。この一連のサイクルをターンオーバーと呼んでいます。

 

 

このターンオーバーによって表皮細胞が常に新しいものに入れ替わっている為、シミの原因となるメラニン色素が仮に出来たとしても、アーンオーバーと共に外に排出されて肌は元の色を取り戻すことができます。

 

 

しかし、これはメラニン色素が表皮で留まっていれば・・・の話です。紫外線の影響が表皮の底にある基底膜を突き破って真皮にまで及んだ場合、真皮にある細胞はターンオーバー機能を持たないので、メラニン色素が外に排出されることはなく、皮膚の中にどんどん蓄積されていきます。そして、やがてシミとなって表皮に現れ、年月と共にだんだんと濃いシミになっていくことになります。

 

 

1回のターンオーバーにかかる日数は約28日と言われていますが、年齢を重ねるにつれてその日数は伸びていきます。30歳であれば30日、40歳であれば40日、50歳であれば50日以上がかかると言われているため、シミ対策は年齢が進めば進む程、時間と労力が必要になるのです。

 

 

ただでさえ加齢で日数がかかるところに、無防備なスキンケアをしていると、ターンオーバーの乱れに拍車がかかり、ますますシミは出来やすく、且つ消えにくくなってしまいます。

 

 

この観点から見ても、ターンオーバーの乱れはシミの元となり、いかに日頃から正しいスキンケアを心掛けているかが、将来シミで悩むのか悩まずに済むのかに左右されることとなります。

 

 

シミを作らない化粧品の正しい使い方

 

 

シミ肌を作らないためには、普段どんな肌ケアをしているかが大きく影響してきます。

 

 

クレンジングでメイクをしっかり落とす

 

 

アイメイクなどバッチリ化粧をしている時は、W洗顔用を使わずに、きちんとメイク落とし用で毛穴にメイク汚れが残らないように落としましょう。

 

 

この時に力は必要なく、肌をこすって落とさないようにしましょう。こすり洗いをしてしまうと、摩擦によって肌が色素沈着を起こしやすくなります。従って、拭き取るだけタイプのメイク落としも使わないようにしましょう。

 

 

石鹸で洗顔する

 

 

メイクを落とした後は、余計な物が含まれないシンプルな石鹸がおすすめです。保湿成分や美容成分が配合された洗顔料が多くありますが、これは洗い流すと一緒に落ちてしまうもの。洗顔は顔を洗う性能だけを重視して、保湿や美容を期待する成分は、化粧水や美容液で補うのがベストです。

 

 

洗顔をするときは、ネットでしっかりモッチリの泡を作り、摩擦が生じないように泡で優しく包み込むように洗いましょう。

 

 

セラミド配合の化粧水を使う

 

 

洗顔の後は、セラミド配合の化粧水で肌にたっぷりと水分を与えましょう。セラミドは肌の細胞と細胞をつなぐ大切な役割をもちます。このセラミドが不足すると細胞同士の繋がりが弱くなり、肌はもろく乾燥しやすくなります。

 

 

もろく乾燥しやすい肌は紫外線などの外的刺激の影響を受けやすくなり、シミが出来やすくなります。また、肌の機能が衰えるため、ターンオーバーも乱れ、更にシミが出来やすくなるのです。

 

 

乳液や美容液で蓋をする

 

 

化粧水でしっかりと水分を潤わせた後は、乳液や美容液で蒸発しないように蓋をしましょう。

 

 

この時に、メラニン色素の生成を予防する成分(トラネキサム酸・アルブチン・プラセンタ・ビタミンC誘導体など)を含んだものを選びましょう。

 

 

シミが表に出てくるまでは年月がかかるため、小さなシミ予備軍をシミ化させない為に、日頃から美白効果のある美容液を使ってシミ対策をしましょう。

 

 

日焼け止めを忘れずに

 

 

基礎のスキンケアをきちんとした後は、日焼け止めを忘れずに塗りましょう。普段の生活の場合にはSPF20・PA++程度のものを、屋外で活動する場合には、SPF50・PA+++程度の日焼け止めを使いましょう。

 

 

また、日焼け止めを選ぶときは紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)と明記してあるものを選びましょう。

 

 

今日は家から一歩も出ないから〜ということ日焼け止めを塗らないというのは、シミ対策の観点から見るとアウトです。じわりじわりと肌に害を及ぼす紫外線A波は、窓を通過するタイプの紫外線なので、例え一歩も家から出なくても窓越しに紫外線は届きます。紫外線を浴びて出来るメラニン色素は、蓄積していく様子が目に見える、または体感できる形で把握することが出来ないため、日頃からいかにメラニンを溜め込まないようにブロックするかポイントです。

 

 

例え家から出なくても、出るとしても洗濯物を干すほんの10分程度だったとしても、近所の店に数分歩くだけだったとしても、日焼け止めはシミを作らないためにも必ず塗る習慣をつけましょう。