シミの消し方マニュアル

できたシミを消すのに最適な美白有効成分とは?

30歳を過ぎれば顔にシミは少なからず出てくるものですが、シミと無縁な人は美容意識がとても高く、若い時からきちんとスキンケアが出来ていて、シミ対策も万全。日々の美容努力の賜物です。

 

 

毎日のスキンケアやシミ対策が不十分だと当然先々シミに困らされることになります。しかし、ケアをさぼったツケでシミが出来てしまっても大丈夫!コツコツと根気よくケアをすればシミを消すことも可能です。

 

 

出来てしまったシミにはビタミンC誘導体

 

 

美白成分は厚生労働省が美白に対する効果を認めた美白有効成分や、厚生労働省の認可はないけれど、各メーカーが開発した独自の美白成分などを合わせるとかなりの数があります。

 

 

その中で、出来てしまったシミをケアするのに最適な美白成分は、ビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体以外でよく耳にする美白成分には、アルブチンやプラセンタエキスなどがありますが、これらはメラニン色素ができないように作用するものであり、出来たシミに直接作用はしません。ところが、ビタミンC誘導体は出来てしまったシミに直接作用して、薄い茶色く肌表面に出てきてしまったシミの色を、元々の肌の色に少しずつ戻していく作用があるのです。

 

 

メラニン色素の色を還元化していく作用を持つ美白成分は、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。

 

 

なら、ビタミンC誘導体でなくハイドロキノンでもいいじゃないかと思うところですが、作用の力が圧倒的にハイドロキノンの方が強く、その反面、副作用(肌に刺激を感じるなど)も強く現れやすいという特徴があります。

 

 

メラニン色素を還元化する力はハイドロキノンの方が高いのですが、自分でシミを消したい!となった時に、初めて美白化粧品を使用するのであれば、まずはハイドロキノンよりも刺激の弱いビタミンC誘導体を使うことをお勧めします。

 

 

ビタミンC誘導体には種類がある

 

 

ビタミンC誘導体には、水溶性・油溶性・両性(水溶性+油溶性)の3つのタイプに区別されます。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

 

肌に浸透する時間が短く、効果を早く感じやすいのが特徴です。水との相性が良いように作られた成分なので、化粧水によく配合されています。

 

 

化粧水には<水溶性ビタミンC誘導体>と成分表示されず、 アスコルビルリン酸Mg ・ アスコルビルリン酸Na ・ リン酸アスコルビルMg ・ エチルアスコルビン酸 で表示されています。

 

 

油溶性ビタミンC誘導体

 

 

水溶性ビタミンC誘導体よりも肌の奥まで浸透します。水溶性は素早く浸透するのに対し、油溶性はゆっくりと浸透していくため、効果を感じられるまでに水溶性よりも時間がかかります。油との相性が追いので、保湿クリーム・美容液・オールインワンゲルによく配合されています。

 

 

油溶性ビタミンC誘導体が配合されている化粧品には、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルやテトライソパルミチン酸アスコルビルと表示されています。

 

 

両性ビタミンC誘導体

 

 

水溶性と油溶性の特徴を合わせたタイプです。肌への浸透率は3つの中で一番良く(水溶性の100倍)、肌の保湿力も一番高いのが特徴です。

 

 

水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体に油溶性のパルミチン酸を合わせ、 パルミチン酸アスコルビルリン酸Na(別名APPS)と成分表示には明記されています。

 

 

 

ビタミンC誘導体の進化

 

 

ビタミンCが美肌に良いことは知られていますが、それを直接肌に塗っても皮膚に浸透されない為、肌に浸透しやすい形に加工されたのが水溶性ビタミンC誘導体です。しかし、浸透の即効性はあるものの、肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあり、そのため保湿クリームなどに配合しやすい形に加工されたのが油性ビタミンC誘導体です。保湿性は水溶性よりも高まったけれど、ゆっくりと奥まで浸透していくため、効果が出るのに時間を要するというデメリットが。そこで、浸透力が高く、肌の保湿性も高めて改良されて誕生したのが、最新の両性ビタミンC誘導体というわけです。

 

 

ひと昔前に、本来肌の奥までは届かないビタミンC誘導体の成分を、 イオン導入器を使って肌の奥まで浸透させるというケア方法が流行りましたが、最新のビタミンC誘導体APPSを使えば、イオン導入器など使わなくても、より高い浸透力で肌の奥まで成分が行き届くようになったのです。

 

 

ビタミンC誘導体の選び方

 

ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品を一つ選ぶとするなら、おすすめは美容液です。

 

 

化粧水はその成分のほとんどが水なので、より成分が多く含まれているのは美容液です。美容液が濃厚でトロっとしたテクスチュアーなのは、水分が少なくほとんどが美容成分で構成されているからなので。

 

 

ただ、高浸透のAPPSは高機能・高性能ですが、成分の安定性に欠けるという面があり、化粧水のようなサイズでたっぷり使えるタプではなく、かつ値段も化粧水と比較するとかなり高価です。

 

 

乾燥肌や敏感肌の人の場合は、高価な美容液を購入して肌に合わなかったとなるのが一番気になるところなので、まずはトライアルで肌に刺激を感じるかどうかを試してみてから、使い続けられそうな商品であれば本品を継続使用することをおすすめします。

 

 

両性タイプはちょっと値が張るから、もう少し手頃な価格でシミを消したいという場合は、水性タイプや油性タイプを選びましょう。

 

 

それで、どうしても肌が乾燥気味になる場合は、化粧水を塗ったあとにセラミド配合の保湿クリームや美容液を塗るなどして、プラスで乾燥対策をしましょう。

 

 

美容液を選ぶ際のポイント

 

 

ビタミンC誘導体の美容液を選ぶときのポイントですが、大抵他の美容成分も混合で配合されています。

 

 

シミが気になる年頃の人は、肌のたるみ・しわ・くすみなど他のエイジング悩みを持っていることが多いです。

 

 

エイジングケアに効果のある美容成分、例えばプラセンタ・ヒアルロン酸・レチノールなどが一緒に配合されているものを選ぶと、シミ対策と一緒にアンチエイジングすることができるのでお勧めです。