シミの消し方マニュアル

そばかすと肝斑はどう違う?そばかすを自分で消す方法とは

シミの悩みは30歳を過ぎたあたりから増え始め、肌のエイジング悩みのトップにあがります。

 

シミといえば、頬の辺りに出来る茶色の丸いシミ悩みが多いのですが、鼻を中心に茶色のシミが左右に広がるシミ(そばかす)も目立つため悩む人は多くいます。

 

 

鼻を中心に左右に広がるシミには肝斑と呼ばれるものもあります。肝斑とそばかすは何がどう違っているのか、そばかすが気になる人はどう対策すれば良いのかをご紹介します。

 

 

肝斑とそばかすの違い

 

 

肝斑とは

 

 

肝斑とそばかすの違いは、出来る原因が違います。

 

 

肝斑は、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で起こります。妊娠・出産・ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れて黄体ホルモンが優勢になることがあります。

 

 

黄体ホルモンはメラニン色素を作らせる作用があるため、黄体ホルモンが優勢の時期が長くなると、メラニン色素が作られ続けシミが現れます。

 

 

鼻を中心に両頬左右対称にシミが現れるのが肝斑の特徴です。

 

 

そばかすとは

 

そばかすには二つのタイプに分けられます。そばかすが出来やすい体質が遺伝する先天性のものと、外的刺激(紫外線・炎症・摩擦・ストレスなど)が原因で出来る後天性のものです。

 

 

そばかすは肝斑と同様にメラニン色素が積み重なっていくことで肌に出てきますが、メラニン色素が出来るメカニズムに違いがあります。

 

 

先天性のそばかすは色白の肌質や、メラニン色素ができやすい体質が遺伝するので、子供の頃からそばかすが出て、思春期の頃をピークに濃くなっていきます。そして、それを過ぎると大人になるまでには消えてなくなります。

 

 

ところが、大人になってからそばかすが出来ることもあります。これは紫外線などの外的刺激が原因でメラニン色素が大量に作られ続け、それが表皮に貯まっていってシミになります。

 

 

また、遺伝性のそばかすに外的刺激が加わることで、本来なら消えてなくなるはずのシミが消えずに残ってしまうこともあります。

 

 

そばかすを目立たなくさせる方法

 

 

老人性色素斑のように大きな丸いシミと同じように、そばかすも一つ一つのシミは点で小さくても顔に広がるので目立ちます。そこで、自分で目立たなくさせる方法をご紹介します。

 

 

ビタミンCを内側から与える

 

ビタミンCは美肌には欠かせない栄養素です。

 

 

【ビタミンCが与える美肌効果】

 

メラニン色素ができるのを防ぐ
出来たメラニン色素を薄くする
シワを出来にくくする
炎症を抑える
皮脂を抑えてニキビを予防する
活性酸素の働きを抑える
コラーゲンを増やして肌のハリを保つ
ターンオーバーを促進させる

 

 

このようにビタミンCは肌にとって様々な効果をもたらしてくれる栄養素です。ビタミンCは男女ともに1日の最低摂取量は100rで、美肌に必要な摂取量は2000rとも言われています。毎日の食事でしっかりビタミンCが摂れるように意識しましょう。日によっては「今日は栄養が偏ってるな〜」と思う時もあるでしょうから、そんな時はビタミンCのサプリメントをうまく併用すると良いですね。

 

 

ビタミンCを外側から与える

 

 

美肌効果抜群のビタミンCは食事で摂って体の内側から効かせるだけでなく、肌に塗って体の外側からも効かせるようにしましょう。

 

 

肌にビタミンCを吸収させる場合は、ビタミンC誘導体という成分を含む化粧品を選びます。ビタミンC誘導体は、ビタミンCそのままでは肌に吸収されないので、吸収されやすい形に作り替えられたものになります。

 

 

ビタミンC誘導体が含まれた化粧品は化粧水や美容液などありますが、化粧水は肌をプルプルにさせてターンオーバー機能を回復させるセラミドやプラセンタなどの美容成分が含まれているものにして、美容液にビタミンC誘導体が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

消えにくい頑固なそばかすにはハイドロキノン

 

 

ビタミンC誘導体よりも色素沈着に強く作用する成分があります。それがハイドロキノンです。ビタミンCはメラニン色素が出来た段階を逆戻りするようにシミの色を段階的に還元していきますが、ハイドロキノンは一気に茶色の色を抜いてしまおうという作用があります。

 

 

作用の強い成分の為、副作用の心配をせず安全に使うためには、ハイドロキノンの含有量が2%までのものを選ぶようにしましょう。なおかつ、皮膚科医が監修しているものが良いでしょう。

 

 

安心して使えるとは言え、敏感肌の人は刺激に感じるかもしれません。そばかす体質の人は肌が刺激に敏感な人が多いので、そこが心配な場合は、お試し用がある商品を選ぶと、合わなかった時に買い損にならずに済むでしょう。

 

 

規則正しい生活を心掛ける

 

 

そばかすを消すのに効果のある食べ物や化粧品を使っても、生活習慣が乱れていてはイタチごっこになってしまいます。

 

 

夜更かしをせずに早く寝て、たっぷりと睡眠を取りましょう。就寝中に美肌に効果のあるホルモンが分泌されるので、睡眠不足になると肌の新陳代謝が滞ります。また、睡眠不足になるとイライラしたりストレスが溜まりやすくなります。ストレスはそばかすの元となるメラニンを増やすことになるため、睡眠をしっかり取るということは非常に大切なことになります。